医学部の受験料はいくらかかるのか

受験料その他もろもろの費用は数十万円はかかる

むしろ自宅から遠く離れた場所にある大学を、日取りを変えて複数回受験しなければならないことがほとんどとみられます。
そのためまずは自宅から大学の近辺までの移動の費用として、電車代やバス代などがかかります。
場合によってはより高額な飛行機代になるかもしれず、これだけでも1回あたりの往復で数万円かかることがあります。
移動には時間もかかりますので、当日の朝早く出発すればよいというものでもありません。
この場合は試験会場の近くにホテルなどの宿泊施設を手配しておくことが必要です。
東京都内のような大都市部でも1泊あたり5千円を切るような格安のホテルはないわけではありませんが、時期的に他の受験生も大量に宿泊することが見込まれるため、安いホテルほど早くから予約が満杯になってしまうおそれがあります。
この場合は郊外の会場から遠く離れたホテルを予約するか、または高額なのを覚悟の上でグレードが高くまだ予約がされていないホテルの空室を選択して予約するほかはありません。
このホテル代はなかなか無視できないところで、私立併願まで考えれば軽く10万円程度にはなってしまうことがあります。
そのほかの雑費としては、試験結果をインターネットで通知してもらうための手数料や、試験当日の昼食代などもありますが、これらは金額的にはそれほど大きくはならないはずです。
以上をあわせると受験料その他もろもろの費用は数十万円はかかることになります。
より費用を節減したいのであれば、たとえば併願する大学数を減らしたり、近場にある大学にとどめることや、私立大学であってもセンター試験を利用する受験料の少ないところを選択することなどが挙げられます。

受験生自身と保護者共通の最大の関心事、費用の問題滑り止めにしても多すぎる出願は最終目標に対するさまたげになる受験料その他もろもろの費用は数十万円はかかる